こんにちは♪
少しずつ涼しくなっていきますね。しかし、今年は暑かったですね。私は9月23日の祝日に太平洋に海水浴に行きました。普段からダイビング、サーフィンなどで秋、冬に海に入るのは慣れているのですが、海水浴自体が出来るのは驚きです。

さて、秋になるとカナダ、アメリカでは楽しい行事がやってきます。ハロウィーン、サンクスギビング、締めくくりはクリスマス。今頃はカナダ、アメリカではハロウィーンの飾りつけと準備が進んでいることでしょう。昨年の今頃私はトロントとニューヨークに居りました。色々な方々からかぼちゃ型のお菓子や魔法使いの人形をいただきました。それが理由でなのか帰国したときにはスッカリ体重が増えていました(笑)

ロンドン(オンタリオ州内の街の名前です)の友人の家を訪問した時カナダのサンクスギビングを向かえ、定番のターキーと家庭菜園で収穫されたかぼちゃのプディングをいただきました。
サンクスギビングで思い出したのですが、私は留学していた年の11月友達に会うためにワシントンDCへ遊びに行きました。友達の家に到着したその日サンクスギビングのディナーに誘われました。この時まで知らなかったのですが、サンクスギビングはカナダとアメリカでは日にちが違うのです。10月にカナダで祝い、11月にアメリカで祝い習慣と文化の違いを学びました。今年も来月にはニューヨークへ行って来ます。どんなサンクスギビングが迎えれるか今から楽しみです。
話が変わりますが9月末にカルガリーに留学して行ったSanaeちゃんから近況報告が届きましたので少し書きますね。

到着して2~3日後ホストファミリーがBanff国立公園に連れて行ってくれたようです。彼女は余りの雄大さと、きれいさと、寒さに驚きの連発だったようです。学校はO語学学校へ入りました。生徒は韓国人と日本人ばかりですが学校が終了すると直ぐに帰宅しホストファミリーと過ごす事を心がけているようで、あまり日本語は使わないようです。日本で一生懸命勉強し出かけて行った彼女は文法のクラスは中級でも、会話のクラスは上級に入れたようで、文法クラスを早く上げたいと言っていました。やはり、どこに居ても、どのような環境でも自分次第なのですね。自分の考えをシッカリと持って留学して行った人は自分が何をしなくてはいけないか分かるようです。カルガリーで半年学びSanaeちゃんはその後はトロント~ニューヨークと学ぶ場所を自分の夢の為に変えて進んで行くようです。また、ニューヨークに居るHitoshi君からも連絡が有りました。彼は、最初の留学はロンドンでした。あまりの日本人の多さに疲れてしまい、イギリスの南の地方に移ったそうです。そこは一人も日本人が居なくてある意味完全なブリティッシュイングリッシュだったそうです。イギリスに半年滞在しその後ヨーロッパ、ユーラシア、アフリカ大陸とバックパックで回り、帰国したときには自分の将来をシッカリと見つめ、決定していました。そのHito君は今はニューヨークで大学生しています。ごめんなさい~~彼の話した内容で一つだけ書きたいことがあったのです。

彼が言うには、近頃カナダに留学していた人たちと話す機会が有り、そこで感じたことを知らせてくれました。「カナダ留学生の英語はきれいだねー」です。内容は発音とかよりも、文章がきれいなんだそうです。正当な英語を話すということでした。これは私もニューヨークで仕事をして入るときから感じていました。何年たっても、カナダで学ぶ英語はきれいなのです。Hito君からこれを聞き思わず嬉しくなったものですから、書いてしまいました。

さて、次回は何を書こうか今からワクワクしています。もう少し日本が秋らしくなりましたら、カナダで私が感じた秋を書きますね。それではまたで~~す。


2004年10月 執筆
注)ブログシステム移動の為、過去の記事を転記