今日から書き始めますが、何を書いて行ったら良いのか分かりません。日記形式になって行くような気がしますが・・・お許しを。

あのコロは未だ沖縄がアメリカだったような記憶が有ります。外国の文化に触れることが出来るのはただ、TVを見るだけでした。今のように英会話教室など存在せず、英語に触れるためにはラジオの教育番組を聴くしかなかったのです。毎日、毎日ラジオの前に座っていました。子供だった私には、ラジオ英語の本を買うお金さえなく聞き取りだけで英語を覚えました。

アメリカのホームドラマが有る時は何をしていても、TVの前にいました。今の人たちには想像できないでしょうねー。何もなかった時代だからこそ、夢が膨らみ、夢を見続けることが出来たのかもしれません。

私の第一回目のささやかなる転機は中学校の時でした。それは。次回に書きますねー

2004年5月 執筆
注)ブログシステム移動の為、過去の記事を転記