お久しぶりでございます。 


私は先週末までアメリカ中を飛びまわっておりました。
今回は飛行機の移動が多く、体力的には疲れましたが内容は充実しておりました。
今回の渡米は高校生のT君と言う、将来は宇宙に関して学びたい男の子のニューヨークでの大学見学と
ケネディー宇宙センター(フロリダ州)、ヒューストン(テキサス州)のNASAスペースセンター見学も入っておりましたので、10日間の間に3州を飛び回ってきました。
 

T君は小学生の頃から宇宙に興味を持ち、将来は宇宙に関係した仕事に携わりたく、そのためには理科(科学等)、数学、英語の必要性を感じて国立の工業専門高校に入学しました。ここで彼はコンピューターを手足のごとく使い学んでいるようです。 

さて、今回の渡米での私の初体験をご披露します。
久しぶりに訪れたフロリダ州オーランドの飛行場は超近代的な飛行場に変化しており、ワクワクと成るような飛行場でした。ここからヒューストンに移動しようとセキュリティー検査場の列に並び、係員による事前搭乗券チェックを受けた時に問題が起きました。生まれて初めてセキュリティー検査を別室で受ける破目になったのです。
 
如何してそのような自体に成ったのかは分らないまま、別室に連れて行かれ身体検査と入念なる荷物検査を受けました。
これもNASAを有するオーランドだからと納得をしていたのですが、身体検査後にチェックをした女性係官に聞いた話しによりますと
アットランダムにボーディングパスの右下隅に「SSS」と記入された人はこの検査を受ける事になるのだそうです。
年間に何回と無く飛行機に乗っていて初めての経験をしてしまいました。しかし、この厳しい検査により飛行機が安全に飛んでくれれば良いことです。
皆さんも飛行機に乗る前にご自分の搭乗券の右隅を見てください。もしかしたら、「S」が3個付いているかもしれませんよ。