今晩は
2ヶ月もご無沙汰いたしてしまいました。ごめんなさい。
留学生諸君も夏休み帰国組みは出揃い、皆さんアルバイトに勤しんでおります。
我が家には年に数回世界中のお土産が集まります。元気な顔とお土産が集まるのはうれしい物です。
しかし、ロサンゼルスのA子さんはこの夏も頑張って勉強すると言うことで残っておりますが「気温が48度も有るので呼吸をするのも苦しい」と報告が入って来ました。
又、ニューヨークに居る娘からは「暑過ぎて電気の地下ケーブルが切れ停電でご飯も作れないし、お風呂も入れない」と言ってきま
した。
先月私はトロント、ニューヨーク、カルガリー、ビクトリアへ行ってきましたがトロントからニューヨークに移動する時は大変な目にあいました。トロント到着後仕事を済ませ、ニューヨークで語学学
校を訪問する事になっていたので、飛行機に乗ろうとトロント空港に行きましたがニューヨークに到着したのは2日後でした。
当日夜8時の飛行機に乗る為に通関をし、ゲートで待機。余りにも搭乗時間が遅いので職員に尋ねてみると「キャンセル」と言われ
「明日の飛行機を予約入れなおしをして、どこか宿泊所を取るように」と、アッサリと返事をされました。他の搭乗客の方と交渉し
ても最終の飛行機なのでどうする事もで来ませんでした。予約を入れなおし、宿泊所を確保し、翌朝空港に行きました。
今回は予定通り飛びましたが・・・・ニューヨークの上空に到着後機長からのアナウンスに皆は驚きでした。「天候悪化の為トロン
トに引き返します。なお、今後の便に予約を入れなおしてください」。トロント到着後、午後の便に予約を入れなおしました。
搭乗ゲートで待つこと数時間、今度は「ニューヨークの天候が回復しませんので本日の航空機は全てキャンセルです。明日以降に予
約を入れなおしてください」と最悪の放送が入りました。ニューヨークの学校訪問は明日です。最終決断として長距離バスで行く事にしました。トロントからニューヨークまでオヨソ11時間。途中陸路で入国審査を受けなければなりません。実はここでも問題が発生しました。仕事とは言え年に数回以上渡航している私は「別室に来てください」と、他の乗客をバスに残したまま個室で検査を受ける事になりました。荷物を全て出され、矢継ぎ早に質問をされました。他の乗客の方を30分以上待たせてしまいました。今回私のパスポートには同じ日付でカナダ出国、アメリカ入国のスタンプが数個有ります。しかしながら夜7時に出たバスは翌朝6時に無事に到着しました。私のトロント~ニューヨーク大移動はこうして終了しましたが、さて、翌日にはカルガリーに行かなくてはなりません。「明日は飛行機が飛ぶだろう?」と言う不安の元に約束と用事を済ませて、翌朝早朝ラガーディア空港に向かいました。西方面に行く飛行機は何も問題は無かったようです。しかし、トロント空港で乗り換えカルガリーに向かう時、カルガリーの友人に電話を入れて見ましたが、大変恐ろしい事を教えてくれました。「昨日、一昨日とトロント空港でテロによる爆発物が見つかったようです。」私が乗る予定だった飛行機はこ
のテロ関係で飛ばなかったようです。ニュースを聴く暇も無いほど忙しい数日を過ごしたようです。
その後の旅程は何事も無く無事に帰国できました。
日本でニュースを聴いているだけでは世界で何が起こっているのか分からないですね。実際に直面してみると結構怖いことが起こっ
ていたのだなーと感じます。