6月も今日で終了です。しかし、まだ6月だというのに暑いですね。
トロントからの情報によりますと、日本より今年は暑いようです。
 
5月末にカルガリーからT君が帰国しました。私も忙しくなかなか会う事が出来なかったのですが、数日前にやっと会う事が出来ました。ところが、彼は「カルガリーでアルバイトが有るから戻ります」と、昨日カルガリーに戻っていきました。T君は学生ビザでカナダに住んでおりますが、大学でクレジット(正規の学生)コースを取っているため、労働する事が出来るのです。
そのアルバイトで親から仕送りを受けなくても生活が出来るそうです。
彼は高校を卒業すると直ぐにカナダに渡りました。それから5年、本当に頑張っております。
 
T君からの助言: 
これから留学を考える人たちは日本での勉強方法として、少しでも毎日文章を書く練習をしたほうがいいです。どうしても、日本人は学校で日本語英語を勉強している為に英語での文章ができません。原書で文章を読み、文に慣れさせて、文章を1行でも毎日作っていくことです。 
オンタリオ州ロンドンに留学しておりましたM苗さんがカレッジを6月に卒業し帰国します。
本来、今頃は日本で家族とのんびり過ごしているはずなのですが、8月まで戻ってきません。
理由は卒業間際、日本で車の免許を取るためには大変なお金が掛かりますので、カナダで取り帰国後免許を日本の物に書き直すことにしました。
ところが、彼女は日本の法律を知らずに免許を取ったため帰国する事が出来なくなったのです。
“日本での日本免許への書き換えは外国で免許を取得後、3ヶ月間以上滞在をしているものに限る。”これが日本の法律です。目下、彼女は3ヶ月が経過する事をカナダで待っております。
 
来週始めにはカルガリーに居りますH子さん、S子さん姉妹が帰国します。
H子さんは付属の語学学校を卒業し、アメリカの大学に留学する為の準備に入ります。
S子さんは後1年半高校生活がありますので8月下旬には一人でカルガリーに戻っていきます。
今まで2年間姉妹で暮らす事に慣れておりましたS子さんは一人で生活する事が出来るのか心配です。
ただ、こころから「頑張れ!」と、応援するしか出来ません。
 
また、もう一人カルガリーに居りますKさんが来週末に戻ってきます。彼女は今年12月にはカレッジを卒業しますので、この帰国で就職活動をする予定だそうです。彼女は先のT君と一緒にカナダに渡った人で、やはり5年間良く頑張ってくれました。 
カナダに渡って6年が過ぎたM君は、めでたく6月に卒業し、バンクーバーで就職も決まったようです。
当初「プロの釣り士になりたい」と、カナダに渡りました。ところが、途中で軌道修正をしグラフィックデザイナーと成るべく勉強をし、就職することになったようです。
 
いろいろな目標を掲げて留学します。しかし、各自の夢も変わってきます。
留学とは自分を見つめなおす為の良い機会だと私は考えます。
日本に居ては時間に追われ、周囲に惑わされ自分自身に対する事が出来ずに終わってしまいます。
 
自分自身を見つめ、自分が何をしたいのか、自分は何になりたいのか。そのことを考えるだけでも留学には意味があると思います。長い人生、数年の足踏みをしてもいいのではないでしょうか。  kazu