夢を追いかけていた私が居た!

 

東京に着き、友達のアパートに宿泊させてもらうことになっておりましたのでアパートが在る高円寺まで行きました。この時でさえお金の両替は済んでいませんでした。何故なら、海外へ行く場合は行き先の通貨が必要であることは現在では皆さんが知っていることなのですが、この時の私は知りませんでした。

 

出発当日は説明会が羽田で有るため早めの集合時間でした。

夜7時発、大韓航空ハワイ経由ロサンゼルス行き、これが私の夢の一歩を叶えてくれる飛行機です。通常なら夕方5時ごろ羽田に到着すればいいのですが当日は3時の集合だったと思います。大勢の友人が4時過ぎぐらいから見送りのため来てくれました。説明会が終わり友人たちと合流し私が先ず行ったのは両替所でした。ここでやっと両替をしなければならないことを知ったのですが、それはロサンゼルスまで一緒に行く方々で、アメリカに留学する方たちがアメリカドルへ両替すると言うことで、やっと外国のお金が必要なことに気が付きました。その方たちがアメリカドルに両替されたので、アメリカドルに換えたのではありません。カナダドルと言うものが有ることを知らなかったのです。

現代の方にはカナダへ行くためにはカナダドルに換えることぐらい当たり前の事なのですが、カナダへ行く私がカナダドルではなくアメリカドルに両替をしました。

この時代日本国内でカナダドルに両替が出来たのかは分かりませんが、カナダにはカナダドルが有ることを思いつかなかったのです。この為日本で両替手数料を取られ、カナダでアメリカドルからカナダドルに両替するために手数料を取られ、余分なお金を支払ったことになります。無知とは損をすると言うことですね。