デトロイトを出て約2時間、ニューヨークのラガーディア空港に到着しました。この空港はワシントンDC、ボストン等々アメリカ国内が専門ですが、カナダのトロントを往復しておりますエアーカナダが国際線として唯一存在しております。

かつては名古屋から成田を経てトロントに入り、トロントでカナダ出国とアメリカ入国審査を受けラガーディア空港でニューヨーク入りをしておりました。

10年以上前この空港に初めて降り立った時はゲートを出て荷物受け取るために一階まで下りるのですが、そこに到達するまでには駅のキオスクのような売店が在っただけでした。しかし、数年前から始まった空港内工事によりゲート周辺が変わってきました。ゲート周辺のロビーはレストランと化しいつも乗客の方で込み合っております。その代わりと言っては何ですが、チェックインロビーには以前ありましたオーブンパン(お店の名前でパンやスープを食べることが出来ます。ニューヨークにはいたる所に在ります。ここのクラムチャウダーが結構好みです)やカフェーは無くなってしまいました。

9・11同時多発テロ後1か月も経っていないときにここからトロント経由で日本に戻ったことが有りました。その時は朝がとても早かったのですが、空港内には自動小銃を持った軍人とシェパードを連れて巡回している軍人がたくさん居りました。あの時は飛行機に乗るのが怖いと言うより自動小銃と言うものを初めて目の当たりにして「ここは日本ではない」と強く感じたものです。

さて娘たちの食料が入ったスーツケース3個を受け取りしばらくすると上の娘がロミオ(チワワ犬)と一緒に迎えに来てくれました。重い荷物を引きずりながらタクシー乗り場へ向かったのですが、いつもですと数人の乗客がいるだけなのですが今回は隣のターミナルBの方まで列が出来ており1時間以上待たされました。

荷物を解き、晩御飯をどうしようか?となりましたが外食のために外に行く気もせず、結局は作ることになりました。日本から持ってきた食材でキムチ鍋を作りました。後片付けをし、時計を見ると既に夜11時、日本の我が家を出て26時間が経っておりました。

今回自分のためにエアーベッドを持って来ておりましたので、ベッドに付いておりますモーターで空気を入れベッドを完成させて寝ることが出来ました。いつもは大きなカウチが私の寝床ですが、今回からはとても楽になります。私は元々時差を感じないのですがここではカウチで寝なくてはなりませのであまり寝心地がいいとは言えません。しかし、このエアーベッドのおかげでぐっすりと眠ることが出来ました。

次の日は朝ご飯を下の娘と食べ、彼女が学校へ出かけた後は今回の目的であります大掃除を朝から始めることにしました。先ずは台所です。台所が終了した頃姉娘が起床!

2人でお昼ご飯を食べにどこか行こうと悩み始めました。第一候補はマンハッタンに在ります中華街の「ジョーズ上海、小籠包」第二候補はクウィーンズ、フラッシングに在ります飲茶。結果的には地下鉄に30分ほど乗り飲茶を食べに行くことになりました。

フラッシングの中華街もクリスマスモードに入っておりました。

余談ですが、この写真の交差点に着く前地下鉄の階段を上がっておりますと1人の中国人男性が「Wait!.Wait!」と叫びながらアメリカ人男性をすごい勢いで追いかけておりました。恐らくその方は地下鉄の中で何かを盗まれたか掏られたかしたのでしょう。何か事件が起こってもここはニューヨーク、日本のように思うようには解決できません。家から一歩出たときは緊張をもって行動しようと再認識しました。

chinatown1