日本だけが寒いと思っていましたらニューヨークは相当な寒さでブリザード注意報が出ているようです。

今朝がた娘からラインが来ており、何事かと思いきやアパート周囲の模様を写真で知らせてきました。

 

大雪です

 

 

 

 

 

 

大雪2

大雪3

この様な天候になりますと寒いことに慣れているニューヨークが日本と同じでバスや地下鉄は運行しなくなります。そのためにタクシーは全くつかまらなくなります。

先日のお正月明け、仕事始めの日の事ですが年末年始をニューヨークで過ごしておりました娘の友達が日本に帰国するためJFKまでタクシーに乗ろうとしましたが、1時間半もつかまらず、チェックインギリギリでJFKに着いたようです。

冬になりますと絶対数が足りないのかニューヨークではタクシーがつかまらなくなります。

我が家が在りますクウィーンズでは数年前からクウィーンズを中心に緑色のタクシーが走るようになり、黄色のタクシーよりも台数をよく見かけます。クウィーンズ中心と言っても、クウィーンズの中しか行ってくれないワケでは有りません。

この緑色のタクシーとは別に「リモ」と言うものが有り、タクシーと同じで料金を支払って目的地まで運んでくれます。違いと言うのはタクシーの様に屋根に社名表示灯は附いておらず、車の色も通常の乗用車と同じです。乗る時は事前に予約をしておきます。料金はタクシーより若干安いかもしれません。

数年前の今頃にニューヨークへ行った時の事ですが、到着日から可なり寒く次の日にはマイナス20度ぐらいになったことが在りますが体感温度はもっと寒く感じました。その日は子供とお年寄りに外出禁止令が発令されました。私はカナダで生活をしておりましたので寒さには強いのですが、さすがに外を歩いておりますと寒いと言うより皮膚が痛かったです。次の日からはテキサスに出掛けましたので寒さから逃げることが出来ました。

ニューヨークでこれだけ雪が降りますと「デイ アフタートゥモロー」と言う映画を思い出してしまいます。あの映画のような状況が起こらないことを祈るばかりですが、奄美や沖縄に雪が降ると言う信じられないことが起きますと、現実になる可能性が「無きにしも非ず」と感じてしまいます。