夢を追いかけている私が居た!

 

バンフ国立公園の入り口から真っ直ぐに伸びているのがバンフ大通りです。そこを真っ直ぐカスケードガーデン方面に進み、カリブー通りまで行き、そこを右に曲がります。

2本目と3本目に挟まれた一角が今ではメリッサステーキ店になっております。

メリッサと同じ一角にホームステッドホテルが在りますが、そのメリッサとホームステッドの2階部分がカナダ滞在の初めての家になりました。もっともその頃はメッリサでは無くホームステッドホテル経営のレストランでした。

私が到着した時は冬でオフシーズンの為ホテルもレストランも営業はしておりませんでしたので、お父さんの職業が分かりませんでした。

もちろんカナダへ行く前に家族の情報は頂いておりました。それに私の希望がホテル経営者でのホームステイでしたので、ホテルと言う事は分かっていたのですが、バンフでは冬のシーズンにはホテル業が休みになることが多いことを知りませんでした。

私が到着してバンクーバーへの旅行から戻ってからホテルオープンの準備が始まりましたので、その時にホテル経営で有ることを思い出しました。

この時点ではホームステッドホテルはオープンしていませんでしたが、リンクス通りでホームステッドホテル斜め前にガーモンモーテルと言うモーテルも経営しておりそこはオープンしておりました。

ガーモンモーテルも経営していることは到着してかなり経ってから知りました

カリブー通りを曲がり、ベアー通りまで行きますとそこが家の裏側になります。空港から約2時間、とうとう目的地に到着しました。幼いころから夢に見ていた事が始まります。

ベアー通りの駐車場に車を停め、車を降りた瞬間に感じたことは「寒い!」でした。

空港からの道で見た景色は山ばかりでしたので雪が山に有るのは当然と思っていましたし、高速道路上には雪が無く、バンフに入ってからは町並みばかり見ていましたので、4月中旬に雪が軒下まで有るとは思いもしませんでした。

以前どこかで書きましたが、気候、貨幣、歴史、国の広さ、人口、首都は何処かでさえ私にはカナダの知識は何もなかったのです。もちろん海外事情の知識は殆どありませんでした。

ブッツケ本番!本当の意味で「一人ぼっちのカナダ留学」でした