夢を追いかけている私が居た!

 

外が少し暗くなったころコロンビアアイスフィールドに到着しました。ここで夕食です。

バンフを出てから数時間でコロンビアアイスフィールドに到着し夕食ですので家を出たのが午後だったと思います。

コロンビアアイスフィールド4月

 

アイスフィールドが正面に見えるレストランに入りました。この頃は今のようなアイスフィールド博物館の様な建物は在りませんでした。レストランと雪上車に乗るための切符売り場は有りました。

夕食を食べながらお父さんが話してくれたのですが、コロンビアアイスフィールドの氷は以前にはもっと長く道路まで迫っており年々短くなってきているそうでした。ですから現在のアイスフィールドはこの時より短くなっています。夕焼けと言うより、太陽の沈みかけている光で氷が水色とオレンジに輝きとても幻想的で、レストランの窓から見える景色は何とも言えない美しさでした。

さて、ここのレストランでクラムチャウダーをいただきましたが、これを食べたのは人生で初めてでした。お母さんが注文し、ボウルの横にクラッカーが添えられており、このクラッカーはパンの代わりに食べるのかと思いました。お母さんたちを見ているとそれを砕いてクラムチャウダーに入れて食べ始めました。同じようにクラッカーを入れ一口食べた私は余りのおいしさに驚きました。以前どこかで書いたと思いますが、この時からクラムチャウダーは大好物となりました。しかし、この当時は日本でクラムチャウダーを提供しているお店を知りませんでした。多分、誰でも入ることが出来るレストランとか町の食堂では無かったと思います。

クラムチャウダーには関係ないのですが、高校生の時大学を見るために東京に行きました。その時原宿に行き、そこで日本にできたばかりのマクドナルドがオープンしたばかりで、それがどのような味なのか分からないまま食べたことが有ります。生まれて初めて海外から入ってきたものを食べた感動はすごい物でした。

ケンタッキーフライドチキンもマクドナルドとほぼ同じぐらいの年代に日本にできました。そんな時代でしたのでクラムチャウダーは一般的では無かったのです。

しかし、この留学中はバンフに在りますマクドナルドにはお世話になりました。