夢を追いかけている私が居た!

 

日本の大学では英米語学がメジャーでしたのでホテル経営学には何ら関係ないことを学んでおりました。ここの授業は専門的なことが結構あり、それを英語で学ばなくてはなりません。英語だけでも泣けるほど分からなく、ホテルに関しても全く知識は無くお手上げ状態が続きました。

周りの学生を見ると余裕で学んでいるように見えました。英語でコミュニケーションが少しずつ取れるようになってくると他の生徒と話すことが少しずつ出来るようになりました。この頃に分かったのですが、殆どの方たちが留学生でヨーロッパから来ている人たちが多かったようです。でも、皆さんは最初から英語を話すことができるのです。この当時では当たり前だったのかも知れませんが日本と日本以外の国とでは言葉に関する認識が違うと分かりました。もっとも現在でもその傾向は見られますが、昔ほどの大差はないようです。

当時聞いた話で「フランス人は英語を話すことはできるけれどフランス語に誇りを持っているので敢えて自分から話すことをしない」と言うものでした。話すことが出来るけれど話さない。と話すことが出来ないから話さないとでは全く違います。

私が余りコミュニケーションを取らないので周囲が話しかけてくれましたが答えることが出来ませんし会話自体が続きませんでした。英語を話すことが出来ないから恥ずかしいというスタンスではいつまでたっても話すことはできませんし友達もできません。

これではいつまで経っても友達を作ることはできないと思いました。世界中に友達を作ると言う事が小さいころからの夢の1つでした。

「友達を作るにはどうすれば良いのか?」答えは今思っていることを素直に相手に伝えればいいのだ!と気づきました。

そして行動に移すことにしました。

英語の辞書を駆使し「皆さんとコミュニケーションを取りたいのですが、日本では学生は文法から勉強し、会話を学びませんので私は英語で話をすることが流暢ではありません。頑張ってみんなとコミュニケーションを取れるようにしますので、たくさん話しかけてください。」という文章を作り次の日に学校で色々な人たちにこの文章を言いました。その文章を聴いた時の反応は「そうだったの?話すことが嫌いなのかと思った」と言われました。その後は嬉しいような、困るような状態になりました。

授業中以外は大勢の人たちが洪水のように話しかけてくれるようになりました。