夢を追いかけている私が居た!

 

インデアンフェスティバルが終わったころ邦子さんが再びバンフを訪れました

邦子さんが訪れた日に日本の男性観光客の方と知り合いました。

今回、宿泊先は決まっておらず市内のB&Bを探すことにしました。

この頃のバンフのB&Bは全くの一般家庭で看板が出ているわけではありませんでした。

数人の友達たちにB&Bの情報を聞き、一軒一軒当たることにしました。

日本人男性の観光客と知り合ったばかりでしたが、B&Bに宿泊するには1人よりも2人のほうが料金は安くなるために二人で宿泊することにしました。

この時の宿泊料金は1人8ドルでした。以前は子供部屋だった雰囲気の部屋に案内されました。

次の日3人で近場の観光をすることにしましたが、全くの偶然でワシントンDCから彼氏と二人で観光に来ている日本女性の方にもお昼頃にお会いしました。彼女は栃木県の方で彼氏はインドネシアの方でした。ワシントンから車で来たようですがカナダに入った辺りで車が故障してしまい、バスでバンフまで来たようです。

インドネシアの方はサヒルさんと名乗っており、女性はトシコさんと言うお名前でした。

メインストリートを邦子さんと歩いていて突然トシコさんから声をかけられと言う事です。

サヒルさんがアメリカの免許を持っているのでレンタカーで観光することにしました。

5人でレイクルイーズからジャスパーまで行くことにしました。

さて、どのような観光になることか??

D02__002E01__001B09__009