夢を追いかけている私が居た!

 

レイクルイーズでハイティーをし、のんびりした後にコロンビアアイスフィールドからジャスパーへ向かう事にしました。途中には数多くの景勝地が有り改めてそれらの雄大さと素晴らしさを見なおしました。以前この辺りを通ったのはフレイム家とビクトリアへ行く時でしたが夜と言うことも有り全く記憶には有りませんでした。それに、英語はホボ話せない、聴き取りもできないし新たな家族と一緒で緊張をしておりましたので景色の素晴らしさを堪能する余裕は有りませんでした。しかし、今回は一緒にいるのが邦子さんとトシコさん、そしてサヒルさんはゆっくり話せば日本語は理解できたので緊張をしなくても済み、ゆったりとした時間を楽しむことが出来ました。

現在のバンフからジャスパーに向かいます道路には動物が道路を渡るための橋が架かっております。しかし、この頃はこの橋は無く、よく動物たちが車にはねられて道路脇に横たわっておりました。西暦2000年頃バンフに戻った時にこの橋は架けられており、色々な物議を醸しだしておりました。しかし、橋の上で鹿のフンが発見された時にはみんなを喜ばせた物でした。私もこの時には「動物たちが死ななくてもよくなる」と喜んだものです。

しかし、今ではこの橋はカナダの景色の一部になっております。

さて私たちはひたすらコロンビアアイスフィールドを目指しました。今の様に途中で休憩を取る店とかは全くない時代でしたが、みんなと話をしながら楽しい時間を過ごしていると長い距離を走るという感覚は有りませんでしたが、ガソリンだけは気にしながら車を走らせて行きました。