夢を追いかけている私が居る!

 

カルガリーからピンチャクリークへ向かう道は両側とも遥か彼方まで草原です。この風景はカルガリーからバンフへ向かう道とは全く異なります。ロッキー山脈の山影はとても遠くに薄っすらと見ることが出来、バンフは遠くに在るのだな~と実感させられます。

家は時々ポツット出てきますが道路からは遠くに見えます。道路から見ることが出来るのは馬や牛とエサの牧草ロールです。近頃は日本でも牧草ロールを見ることが出来るようになりましたから皆さんにはどのような物かお分かりいただけると思います。

カルガリーから直線を走ること2時間以上、やっとレースブリッジとバンクーバーを結ぶ道路にぶつかります。そこを右折し、またまた走ること2時間ほど、道路左に入った所に大きなスーパーマーケットがポツット見えてきたらそこを左折します。この道がウォータートンレイクへ行く道となります。

このスーパーマーケットが見えるところまではカルガリーから来る途中にガソリンスタンドは一軒だけです。留学を終えて日本に帰り、偶にカナダに遊びに行くようになってからレンタカーを借りてピンチャクリークに帰る時にはガス欠を考えるととっても恐ろしいことでした。この恐ろしさは地平線まで道路しか無く、信号が在りませんので車は一時的にも止まりません。車も余り通らず、日本のJAFの様な物に助けを求めてもいつ来てくれるのか分からない状態だったからです。

そして、何よりJAFの様な物に助けを求めるにも数年前までは日本から持って行った携帯電話はカナダでは通じなかったからです。