ここまではテンヤワンヤでしたが何とかクリアーしました。

飛行機に乗り込み離陸を待っていましたが案の定飛びません。窓から見ているととても長いホースで機体を洗い始めておりました。何をしているのかと見ておりますと凍結防止剤を散布していると機内放送が有りました。

その後暫くはそのままで待機となりました。

1時間ほど遅れて飛行機が動き始めました。何とか離陸をした後も飛行機は揺れっぱなしでした。こうなっては諦めてジッとしているしか有りません。

飲み物のサービスや食事のサービスは暫くできないとのことでした。私のグループの人たちは全員寝ていました。

それでも2時間ほどしてからサービスが始まりました。

成田には無事に到着しました。そして、名古屋行きの飛行機に乗り換えるために国内線に移動し待合ロビーで待っていると、「名古屋行き強風のためにしばらくお待ちください」「広島行き強風のため広島には到着できませんので福岡に下りることになります。」と放送が入りました。ここまで帰ってきても天候は荒れておりました。

日本に帰ってから分かったことですが、私たちが乗った飛行機以降ニューヨーク3空港からの飛行機は全てキャンセルになったそうです。

名古屋行きの飛行機は少し遅れて飛ぶことが出来ました。しかし、中部国際空港に近づくにつれて機体が大きく揺れ始めました。やはりジッとして着陸するまで耐えるしか有りません。何とか着陸をはたしました。

無事に帰ってくることが出来ましたが、ここからがまたまた大変でした。駐車場に置いてあった車に乗り込み家に帰れると思っておりましたが、風が強く車のハンドルが取られてスピードを出すことが出来ません。この風では危険だと思い高速道路を諦めて一般道路で帰ることにしたのですが、その一般道路も台風並みに風が強くハンドルを取られました。

今回の旅行は行きも帰りも、そして、ニューヨーク滞在中も天候には恵まれませんでしたが無事に全員で戻ることが出来たことに感謝です。

しかし、昨年5月に行った時も悪天候のため予定より1日遅れで帰るしか有りませんでしたが、ますます世界中の天候、気候がおかしくなっていきます。この先も簡単には移動ができなくなっていくかもしれません。

次回からは元に戻って約40年前のカナダ留学中に起こったことを書いていきます。