夢を追いかけている私が居る!

 

フリッツのお母さんは家庭的なお母さんで、家事は結構行います。

掃除機を使い掃除をすることは週に一度ぐらいですが、雑巾を持ち歩き色々な所や家具を拭いています。

以前にも話しましが、家は平屋で地下室があります。地下には兄弟二人の子供部屋、テレビとビリヤード台が置いてあるリビング、日本的に言いますと6畳ほどの食料庫と倉庫,洗濯機、乾燥機、アイロン台がある洗濯部屋、シャワー室が有ります。

一階は寝室が2部屋、台所とダイニング、広いリビング、シャワーが無いバスルーム、2畳ほどの倉庫、そして私が使用しているソファーベッドとミシンが置いてある部屋です。裏庭は長方形でバスケットコートほどの広さです。その庭には車は駐車しません。庭の入り口、つまり道路側に車を停めるスペースが有りますが、それとは別にキャンピングカーを停めておく車庫が有ります。その車庫はお父さんの大工道具や子供たちの自転車等も入っております。ダイニングルームから庭には6畳ほどのウッドデッキが張り出ております。

このデッキには大きなBBQグリルが置いてあり、良くハンバーガーを食べる時にバンズなどをお父さんが焼いておりました。もちろんBBQは皆でワイワイガヤガヤやっておりました。皆さんがご存知の通りカナダは夏時間帯の時はいつまでも明るいのでBBQを食べ終わると夜の11時になることもしょっちゅうでした。

裏庭側の軒先にキャンピングカーが停まっています車庫までワイヤーロープが二本引かれています。行ったばかりの頃はこのロープが何をするものか分かりませんでした。

このロープはシーツなどの大きな洗濯物を干すための物でした。

バンフの時はシーツでも何でも洗濯機で洗い、ドライヤーで乾燥させましたが、フリッツのお母さんは大きなものはお日様にあてて干します。たまにお父さんの仕事着のツナギが干してありました。これは鯉のぼりのようで、この光景を見ると何と無く嬉しかったです。

トロント近郊の小さな町に住んでいますフィリップと言う友人の家でも裏庭にロープが張ってあり大きな洗濯物が干してありました。裏庭が有る家ではシーツ類は皆さん干すようです。