夢を追いかけている私が居る!

 

レースブリッジに10年ほど行っておりませんので現在の事は分かりませんが、この当時、ここには日本庭園が在りました。日本よりも日本らしい庭園でとても驚きました。こんな時代に日本から庭師、日本家屋の大工、屋根師など本格的な日本庭園を造るために職人さんたちがお見えになったそうです。

G04__011

此処を初めて観た時には心から感動しました。この時代、今の様に日本中が裕福では有りませんので京都や奈良でさえ金銭的に気軽に行くことはできません。大学生でさえ数か月から一年ほどアルバイトをし、旅費を貯めてから「さ~行くぞ!」と意気込んで出発します。

ですから、本格的な日本庭園などは地元で見た事は有りませんでした。

テレビや映画のシーンとしては見ていましたが、本物を見るのは小学生の京都への修学旅行以来初めてでした。

 

 

 

G01__008

日本に戻ってから大学の授業の一環として外国から旅行に来ている人たちに日本に来られた目的や旅費に関してインタビューをするために日光に行った時、中学校の修学旅行以来久しぶりに日光を訪れました。この事を考えると、国内旅行でさえなかなか行けませんので、この時代の海外旅行はホンの一握りの人たちだけの物だったようです。

さて、邦子さんも本格的な日本庭園は初めて観られたようで、二人で一日中ここを観光しました。と言っても一日中居るような広さではないのですが、何となく懐かしさと心が落ち着く感覚で離れがたかったのかもしれません。

 

 

G01__001

 

 

 

 

 

G07__007今思うと残念なことは、この地方に在りますドラムヘラーの恐竜やフードゥの奇怪岩石はまだ発見されていなかったのか名前も知りませんでしたの。

結婚式の必要な買い物もしましたし、明日はグレイハウンドのバスに乗ってピンチャクリークに帰るとしますか。