カフェールモンドからいろいろとお店を見ながらホテルに戻ることにしました。

ホテルに戻ってみると時間は夜7時を過ぎていたのですが日中の様に明るいし、とても暑かったのでホテルの中庭に在りますプールへ行くことにしました。

5月のこの時期マイアミではありませんので泳ぐことが出来るとは思ってもおらず水着を持って来ていません。プールサイドで椅子に座り日光浴をすることにしましたが、暑くて日陰まで非難をし、日光浴を楽しむことにしました。大人から子供たちまで楽しそうに泳いでいました。

少しずつ暗くなっていくのと同時に少しずつ涼しくなってきましたのでプールから撤退をしてプリザベーションホールに向かう事にしました。

プリザベーションホールでは夜の部しか有りません。そこで遅い部ならそんなに混んではいないと思い表通りを散策しながら行くことにしました。この街には昔から市電が有ります。しかし、今回初めて市電を見ました。何回も来ているのに市電を見た事が無かったのです。私が住んでいます街にも市電が走っており、バスと市電と公共の交通手段が有りますのでとても便利です。

市電

 

 

 

 

 

市電を見ながらプリザベーションホールに向かい、細い路地などを見ながら行きました。

とても驚いたのが大麻を植物としてなのか分かりませんが、鉢に入って鑑賞用の植木鉢の様な形にしておりました。

 

プリザベーションホールVol.1

 

 

 

 

 

 

 

プリザベーションホールVol.2

プリザベーションホールに到着しますと驚いたことに長い列ができており20人ほどの列に並びました。しかし、時間が経つに従って私に後ろにさらに長い列ができました。

待っている間にする事も無く並んでいますと、グラスにお酒を入れトレーに並べて売り歩く人が列に来ました。しかし、これも直ぐに売り切れてしまいました。この街では観光客を楽しませる方法を知っています。

プリザベーションホールの前にはブードゥー教のお店が在ります。私はブードゥーの知識は殆ど有りませんが、興味が湧きましたので明日にでも来てみようと思いました。

少し遅れて前のコンサートが終わったのかたくさんの人たちが出てきました。

いよいよ私たちの番です。