遅めのお昼ご飯を食べホテルに荷物を取りに戻りました。

列車の時間には少し余裕が有りましたので歩いて駅まで行くことにしました。途中、至る所にとても雰囲気の良い町並みが有りました。石畳で小さな広場に成っている周囲には可愛らしいアパートのような建物が取り囲んでいました。次回来るときにはこんな雰囲気の街並みを散策したいと思います。

DSC_0116

 

 

 

 

DSC_0115

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら丁度仕事が終わる時間だったようで駅方面に近づいて行きますと人で溢れるようになってきていました。日本で駅近くに行きますと同じような状態に遭遇しますが、まさかボストンで遭遇するとは想像もしませんでした。

駅に到着しますとニューヨーク行きの列車は既に停まっておりますし案内も出ております。

ここでも改札口の様な物は有りませんし、駅の建物の中を通らなくてもプラットホームに行くことが出来ます。ニューヨークの場合はホームに出る時は係りの方が乗車券をチェックしておりました。

車両に乗り込みますと未だ乗客の方たちは余り乗っておりませんでしたので、好きな場所に座ることが出来ました。

ニューヨークに戻る列車はセマールではありませんので時間が30分ほど長くかかります。

しかし、今回も結構快適な座席なので所要時間はあまり気になりませんでした。

ニューヨークに着くまでには停車駅が割とありましたので乗客の人たちの乗り降りを見ておりますと色々な人生が想像できて飽きることは有りませんでした。

夜9時を過ぎたあたりから景色が変わり高い建物が見え始め、高校と明るい街が見えてきますとボストンへの旅も終わりです。

明後日には今回の目的であります次女の卒業式が有ります。

家に帰り卒業式に参加するための準備を始めるとしましょう。