夢を追いかけている私が居る!

 

次にハンドミキサーです。ハンドミキサーをカナダで初めて目にした時、大げさに言えば「日本が戦争に負けたのも当り前」と言う感情でした。

それから簡単な材料です。既にケーキを作るための粉が有りました。小麦粉を使って一から作る必要は有りません。牛乳か水を入れて混ぜさえすればいい物です。

今では当たり前のケーキやお菓子のために用意されているチョコレート、バニラビーンズ、アイシングシュガー、レーズン等々、挙げればキリがないぐらいの材料が日本の一般家庭用には無かったのです。

私は帰国するにあたり色々なお菓子の材料を買いそろえてきました。

しかし、この当時はアメリカやカナダの電化製品は日本では使用することが出来ませんでしたのでハンドミキサーは諦めました。でも、帰国後数年で日本でもハンドミキサーが売り出されましたので速攻購入しました。

パイやケーキ類を作ろうとしても、ケーキやお菓子用専門店は日本には在りませんでしたので、パイ皿やケーキの型は見つけることが出来ません。もちろん商業用のお店には在りましたが一般の家庭用には売っておりません。パソコンが存在せずネット環境は在りませんので通販と言うシステムも在りません。

覚えていますのが高校時代友達のお母さんたちはクリスマスケーキを焼くために炊飯ジャーの中に在りますお釜を使っていました。そのお釜でどのようにケーキを焼いたのかは覚えていませんが。

帰国後、カナダやアメリカへ行く度に色々な材料を買い、色々な道具を買ってきました。

ついでに色々なチーズやパスタ系など買い出しに飛行機に乗ると言う感じもしました。

日本で大学に居たころ初めて東京の青山に在ります超高級のスパーマーケットに行ったことが有ります。

お客さんは外国の方ばかりで、聞くところに寄りますと諸外国の大使館の方ばかりだとのことでしたが。

このスパーマーケットでは見た事が無い食材に驚くと同時にワクワクしたことを覚えています。

まだ、カナダに行く前でしたので「世の中にはこんな食材が在るのだ!」と感動しました。

次回からは今年1月に行きましたアリゾナのセドナを載せていきたいと思いますのでよろしくお願いします。