夢を追いかけている私が居る!

 

とうとうアンテロープキャニオンへ行く日に成りました。

朝5時前に起き、準備をして待ち合わせのホテルロビーに行きました。

ホテルの朝食が6時半から開いているとのことですが十分な時間は有りません。そこで

デニッシュパンとフルーツだけいただき、リュックサックに入れて持って行くことにしました。ロビーで待ちながらコーヒーを飲み、明るくなっていく山々を見ながら迎えが来るのを待っておりました。今日も天候は上々のようです。

ロビーではフロント係りで夜勤の方と話をしながら迎えが来るのを待っていました。この方は見た目が結構な年齢のようですがお話がとてもお上手で楽しい時間を持つことが出来たのですが7時を過ぎても迎えが来る気配は有りません。時計は7時半を回り、何度もフェニックスに在ります日本人経営のツアー会社に電話を入れるのですが時間が早いせいか電話は繋がりません。とうとう朝の8時に成りフロントスタッフも交代の時間に成ったので家に帰るとのことでした。

ツアー会社の経営者から電話がかかってきたのは10時前で、「予定表にツアーの予約が書いてなかったので忘れていました。」とのことでした。この方は日本へ一時帰国されていたようです。ツアー代金は支払っていませんでしたので問題は無かったのですが、一番の目的である場所に行くことが出来ません。諦めきれませんので交渉をし、明日のツアーを出していただくことになりました。本来ならばアメリカでこのような事件が起きれば裁判物です。それも考えましたが、それよりアンティロープキャニオンに行くことが先決なので明日にツアーを変更することを選びました。責任はツアー会社に有るのでツアー代金の割引を交渉しましたが、明日のツアーは私たち二人だけで行なってくれるとのことでしたのでそれ以上の交渉は辞めました。結果的にはこれがとても良かったのですが、この事は後に書くことにします。

アンティロープキャニオンは仕切り直しになりましたので、先ずは朝食を取ることにしました。

朝食を食べなら「今日は何をしよう?」と話し合い、ホテルの部屋のベランダから見えた川沿いを歩くことにしました。それとここセドナでは有名なジープツアーに乗ることにしました。