夢を追いかけている私が居る!

 

急いで朝食を済ませ、急いでバスに行きますと私たちが一番乗りでした。日本人は私たちだけで、さすがに他の国の方たちは余裕です。それとも日本人がせっかちなのでしょうか?

朝のこのくらいの時間はラッシュのようで、道路はかなり混み合っておりました。

来るときは10分ほどでしたが30分近くかかりました。

私の発時間は10時なのですがニューヨークに戻る娘の飛行機は午後1時です。私が居なくなってから可なりの時間を一人で過ごすしかありません。

空港に到着して直ぐにチェクインを済ませました。私はTSAと書かれた搭乗券を持っておりまのでセキュリティーの検査が簡単に済みます。ですから9時ごろにセキュリティーを通れば間に合いますので1時間ほど余裕が有ります。実際はもっと遅くても良かったのです。TSAのセキュリティーでは私一人だけで5分も掛かりませんでした。

チェックインをすませ、土産の買い忘れを思い出したので無難なチョコレートにしました。

そして空港ロビーから出て外で時間が許すかぎり話をしていました。いつも空港で別れる時には泣かれますので嫌な時間です。

,搭乗口・セキュリティーと書かれたサイン通りに行きますと、エスカレーターで2階に上がります。そのエスカレーター乗り場の係員に搭乗券を見せますとTSAはここでは無いと言われました。

反対側のエスカレーターに行きますと私一人しかいません。こちら側のエスカレーター乗り場には係員は居ません。ここでいいのか不安のまま進みました。

靴を脱がずコートも脱がず、荷物はまとめてベルトコンベアーに乗せて、そのまま探知機を通り終了です。かかった時間はほんの数分。ロサンゼルスの国際線空港は観光客が多いのかTSAを通る人は居ませんでした。ニューヨークから戻ってくる時もTSAでセキュリティーを通りますが少しは時間が掛ります。しかし、ここでは一人も居ないので驚きました。

余りにも早くセキュリティーチェックが終わってしまいましたのでラウンジに行き搭乗時間まで過ごすことにしましたが、ロサンゼルスのスターアライアンスラウンジは初めてです。昔、このターミナルが第一ターミナルと呼ばれていました10年ほど前に行ったのが最後でしたのでかなり変っておりました。

ここのラウンジは成田空港のラウンジと同じぐらい素敵です。色々な空港でラウンジを使いますがベスト5に入ると思います。

ノンビリと過ごしている間もアシアナ航空のアナウンスは入ってきますが、全日空の搭乗アナウンスが有りません。

アナウンスが無いまま搭乗口に向かいました。