夢を追いかけている私が居る!

 

この方のお名前や日本の出身地は忘れてしまいましたが、日本の農業大学で畜産を学んでおり学業の一環として半年間のプログラムでカナダに来たとのことでした。

ここの方たちがとても心配していて、私が呼ばれたことを説明しました。何かご夫婦に伝えたい事とか困っていることが有るのなら私から伝えると説明をしました。

しかし、彼の返事で私から伝えることを止めることにしました。

彼は私に「英語を日本で勉強したわけではないのでナカナカ意思を伝えることはできないけれど、せっかくここまで来たのだから話せるようになりたい。今一生懸命自分なりに勉強しているから時間はかかるけれど、自分の口から話したいのでその事だけ伝えてください。」とのことでした。

この時、なぜか感動してしまいました。私は英語を話せるようになりたくて日本の大学に入り勉強してきたので英語を話せるように努力することは当たり前の事です。しかし、この方は動物たちの勉強をしたくてここまで来ました。その勉強をするためのツールとして英語を話すことが出来るようになろうと頑張っています。この言葉を聞いて「私ももっと頑張らなければ」と再覚悟させられた時でした。

彼の話をご夫婦に説明をし、彼らも待っているとのことでした。このお返事をご本人に伝えて家に帰ってきました。この方とは一度しかお会いしていませんが、その後はSOSが来ませんでしたので意思を伝えることが出来るようになったのだと確信しています。

やはり夢が有ることは人を強くします。皆さんもどんなことでも良いですので夢を持ってください